編集日誌

出版社のつくり方(クラーケンの場合)【Amazon e託編】/クラーケン編集長日誌

更新日:

新規出版社のAmazon販売はe託(大村紙業 or 京葉流通倉庫契約)がベスト

前回は書店営業について紹介しましたが、今回はAmazonの扱いについてです。

販売数の15〜30%程度を占めることになるので、納品ルート、つまり取次経由か直取引(e託)かを慎重に考える必要があります(リアル書店は、前々回に書いたようにトランスビューに直取引代行を依頼するのをおすすめします)。

結論から言うと、新規に出版社を立ち上げるなら、カート落ち(在庫切れ)を極力防ぐだけでなく、資金繰りの面でもAmazonはe託(直取引)での販売がベストです(Amazonは翌々月末払いと、出版業界としては早いのです)。

「ダメージ品が1冊でも着払い(800円くらい)で返ってくるのが地味につらい」
「契約をいつ変えてくるかわからない」

など、e託契約出版社からは否定的な声も聞かれます。ただ、無料のツールでほぼリアルタイムで売上を把握できますし(取次経由の場合はベンダーセントラルに登録し、売上の1%か2%を支払わないと同じツールが使えません)、大村紙業か京葉流通倉庫と契約すれば発注への返答・発送も自動で行えます。

クラーケンは大村紙業と契約しました。大村紙業との倉庫契約は基本料金が月額2万5000円。タイトルが少ないうちはそこそこ大きいコストではあるものの、発送を自社で行う手間賃と考えると割安な印象です。

倉庫契約をしないとどのような手間が発生するのか

実際、Amazon e託で自社発送している会社は多いですが、これはなかなか修羅の道です。週5回のAmazonの注文(PO)に24時間以内に回答し、指定の方法で発送しなければなりません(発送タイミングは自由に設定可能。ただ、在庫ありを保つなら即納品が基本)。

実は今回、倉庫のEDI連携が間に合わず(要2週間)、初回の注文のみ印刷所から直送することに。602冊をダンボール12箱で納品したのですが……。

側面にバーコードの入った紙を糊付けしたり(正確には印刷所に依頼しましたが、担当者がAmazon納品をしたことがなく、その指示・解説がまた大変でした)、伝票番号ごとに事前出荷通知を入力したり(佐川だとダンボールごとに伝票番号が分かれない配送方法もあるらしく、それにすれば楽だったかも)、2時間くらいは消費した気がします。

その上、マニュアルに特に書かれていないので納品書を入れ忘れてしまい、在庫が正しく反映されるか冷や冷やでした。結果としてスムーズに反映されましたが、心臓に悪いので自社でがんばらないほうが良いでしょう。

大村紙業の場合は1冊15円でAmazonにパレット納品できるので(※10冊だと宅急便500円に比べて350円のコストダウン)、コスト的にも注文が増えるほど有利になるはずです。これも、倉庫契約の大きなメリットではないでしょうか。

……次回に続く。

【追記】

8月9日に発売された夏生さえりさんの『口説き文句は決めている』、おかげさまでお盆にもかかわらず売れ行き好調です。ありがとうございます!

▲ブックファースト新宿店にて面陳!

▲紀伊國屋書店新宿本店で面陳!

【書籍の見どころ】
・男性になったら言ってみたい口説き文句(実際に著者が過去に言われた言葉でもあります)について語った表題作をはじめ、共感を呼ぶストーリーの数々。

今となれば、あの言葉がどういう意味だったのかぜんぜんわからない。深い意味があったかどうかさえわからないし、そもそも彼は覚えてもいないかもしれない。それでも、あの言葉とあの表情だけでわたしは簡単に救われた。こういう人と一緒にいればいいんだ、とさえ思った。今でも自分が揺るぎそうになる時にお守りのように思い出す。

(中略)

わたしたちが欲しいのはきれいな夜景でも飾りすぎた言葉でもない。押し付けがましくない空間で、とてもささやかな響きを持ち、それでいてとてつもない自信をあたえてくれる、そういう言葉なんだとわたしは思う。

──「口説き文句は決めている」より。

・書き下ろしの「初デートのごはん」(著者の初デート時のエピソード)など、甘々なストーリーで"太らない糖分補給"が可能。

その他にもたくさんありますが、ぜひ設立ご祝儀も兼ねてご購入・お読みいただけると嬉しいです。全国の初期入荷書店はこちらでチェックいただけます。ネット書店は下記にリンクいたします。

Amazonでの購入はこちらからヨドバシ.comでの購入はこちらから楽天ブックスでの購入はこちらからhontoでの購入はこちらから

執筆者

鈴木収春(すずき・かずはる)
クラウドブックス株式会社代表取締役/クラーケン編集長

1979年生まれ。講談社客員編集者を経て、出版エージェンシー・クラウドブックスを設立。ドミニック・ローホー『シンプルリスト』、須藤元気『今日が残りの人生最初の日』、関智一『声優に死す』などを担当。東京作家大学、自由大学などで講師としても活動中。

-編集日誌

Copyright© kraken(クラーケン) − ハイブリッド出版社 , 2017 AllRights Reserved.