河邉徹『アルヒのシンギュラリティ』特設ページ/長編SF

前作は第10回広島本大賞(小説部門)を受賞!
気鋭の小説家・河邉 徹さんの最新作『アルヒのシンギュラリティ』(2020年8月7日発売予定)が、クラーケンラボから刊行決定! 装画は人気イラストレーター・浦上 和久さん!

現在Amazon予約受付中です。また、河邉さんの書籍をおそらく日本一販売している書店・紀伊國屋書店梅田本店様では2番カウンターにて予約受付中です(その他の全国の書店でもご予約できます。ご予約・ご注文方法は本ページ下部をご参照ください)。

内容紹介

その街には、嘘と本当がある──。
WEAVERのドラマー&作詞家としても活動する著者が放つ、世界で一番優しい物語(サイエンス・フィクション)。

【あらすじ】
人間とAIを持ったロボットが暮らす街・サンクラウド。天才科学者の息子・アルヒは、ひょんなことから幼なじみのサシャ、ロボットのクーとともに、街で最も高い建造物である「知の塔」に忍び込むことになるが……。

■著者プロフィール
河邉 徹(かわべ・とおる)
1988年6月28日、兵庫県生まれ。関西学院大学文学部文化歴史学科哲学倫理学専修卒。ピアノ、ドラム、ベースの3ピースバンド・WEAVERのドラマーとして2009年10月にメジャーデビュー。バンドでは作詞を担当。2018年5月に小説家デビュー作となる『夢工場ラムレス』を刊行。2作目の『流星コーリング』が、第10回広島本大賞(小説部門)を受賞。

■書誌情報
タイトル:アルヒのシンギュラリティ
著者:河邉 徹
発行:クラーケンラボ
発売予定日:2020年8月7日(金)
判型:四六判352ページ
ISBN:978-4-910315-00-3
価格:1,364円+税

全国の書店でのご予約・ご注文方法

全国の書店でご予約・ご注文の際は、下記の情報をお伝えいただけるとスムーズです。少し特殊な流通方式を採用しているため、取り扱い予定がないなどとご返答された場合は、下記の「書店様への備考」も合わせて書店員様にお伝えいただけたらと思います(おそらく大きめの書店のほうがスムーズかとは思います)。
※発売直前のご予約は、発売日に間に合わない可能性があります。また、書店様への入荷日が発売日前も含め、エリアによって前後する場合があります。

■書誌情報
タイトル:アルヒのシンギュラリティ
著者:河邉 徹
発行:クラーケンラボ
発売予定日:2020年8月7日(金)
判型:四六判352ページ
ISBN:978-4-910315-00-3
価格:1,364円+税

書店様への備考……鍬谷[クワタニ]書店経由でトーハン・日販・楽天ブックスネットワーク・中央社ほか全帳合の全国書店に納品可能。貴店帳合の取次から納品されます(条件:委託・随時返品可)。鍬谷書店にお電話(電話番号:03-5390-2211)か弊社にFAX(FAX番号:050-3488-1912)にてご注文ください。注文書PDFもございます。

書店員の皆様へ

『アルヒのシンギュラリティ』は、取次・鍬谷書店を通じてどの帳合(日販、トーハン、楽天ブックスネットワーク、中央社ほか)の書店様でも委託でご注文を承ります(随時返品可。二次経由でも委託となりますのでご安心ください)。ご注文の際はこちらの注文書PDFをご活用くださいませ。自動配本はございません。書店様向けページもご参照ください。

書店様以外でお取り扱いをご希望の場合は、お問い合わせフォームよりご相談いただけたらと思います。